筋肉の種類と役割

筋肉は大きく分けて、赤筋(遅筋)白筋(速筋)の2種類があります。
このことはあなたも知っていることかもしれません。

それでは、赤筋と白筋の他にピンク筋という筋肉があるのはご存知でしょうか?

■赤筋(遅筋)とは、

・有酸素運動で使われる筋肉。
・低負荷のトレーニングで鍛えることが出来る。
・力は強くないが長時間力を持続することができるマラソンタイプ。
・エネルギー源は糖と脂肪。
・ふくらはぎの奥にある、ヒラメ筋や、腹筋、大腰筋には多い割合である。


■白筋(速筋)とは、

・無酸素運動で使われる筋肉。
・高負荷のトレーニングで鍛えることが出来る。
・強い瞬発力を発揮することができる短距離走タイプ。
・エネルギー源は糖。


ここまでは何となく聞いたことはあるのではないでしょうか。


そして、
白筋はさらに純白筋とピンク筋に大分できます。

純白筋は上の特徴そのままです。


■ピンク筋とは、

・中、高負荷のトレーニングで鍛えることができる
・瞬発力も持久力もそこそこあるオールマイティータイプ
・『脂肪燃焼タンパク質』が多く含まれるため、完全休息中や睡眠中にも脂肪を積極的に燃焼する

脂肪燃焼タンパク質とは、
 脱共役タンパク質-3(UCP-3)というタンパク質のことで、
 脂質や糖質のもつエネルギーを全て熱に変えてしまうと
 う性質があります。


個人差はありますが、赤筋(遅筋)と白筋(速筋)は平均すると1:1の割合であるとされています。
割合の個人差は遺伝で決まってきます。

白筋(速筋)の中の純白筋とピンク筋は運動や環境により、入れ替わりが容易に起こるとされています。
純白→ピンク ピンク→純白ということですね。


ここまで書いてピンと来たあなた!正解です!^^

『ピンク筋を増やすこと』がダイエットの近道になるのです!

中、高強度のトレーニングをして脂肪燃焼タンパク質を多く含むピンク筋を増やすことで、
効率的に脂肪が燃焼する体ができあがります。


ありがとうございました^^

あなたの応援クリックに感謝致します。
人気ブログランキング>>

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク・シェア
スポンサーリンク
ダイエットデザイナー
メディア掲載
デザイナーズダイエット
お問い合わせ
ご質問・ご相談はこちら
メールフォームへ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング


FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログ内検索
全記事表示
RSS

ページの先頭へ