飢餓スイッチとは?

あなたの体は「飢餓スイッチ」「オン」になっていませんか?
そうだとしたら一刻も早くスイッチを「オフ」に切り替えなければいけません。


ダイエットをしている方ならば「飢餓スイッチ」という言葉を一度は耳にしたことがあるのではないしょうか。
しかし、「聞いたことはあるけどよくわからない」という方が多いのも事実です。

この「飢餓スイッチ」は、「ダイエットの成否を分けるスイッチ」と言ってもいいぐらい重要なものですから、
「知っている」のと「知らない」のとではダイエットの成功率や効果にも大きな違いが生まれます。


あなたがダイエットがうまくいっていないのであれば、
「飢餓スイッチ」が「オン」になっている可能性があります。
「飢餓スイッチ」の意味と仕組みを理解することによって、その原因がわかるかもしれません。

あなたがこれからダイエットをはじめるのならば、
「飢餓スイッチ」を「オフ」の状態にすることが先決です。
「飢餓スイッチ」を「オフ」にする方法を学ぶことでダイエットの成功率はぐんと上がります。


■「飢餓スイッチ」とは?

「飢餓スイッチ」のことを説明する前に、
まずは、「飢餓」とは何なのかということを理解する必要があります。

「飢餓」とは、簡単に言うと「食糧不足で栄養が足りていない状態」のことです。

そして、不景気とはいえ食べることには困ることが無いこの飽食の時代の日本にいながらでも、
人間の脳は栄養が不足した状態が長時間続くと「飢餓」を敏感に察知し、
生命を維持するためのシステムを作動させるのです。

このシステムがいわゆる「飢餓スイッチ」です。

ですから、「飢餓スイッチ」とは、
脳が体に送る「飢餓に備えなさいという信号」
のことなのです。



■飢餓に備えるため体は省エネモードに切り替わる

脳は飢餓を察知すると「これ以上栄養を蓄える機会が無いのではないか」と危機感を感じ、
生命を維持するために「飢餓スイッチ」を「オン」にします。

すると、体は「省エネモード」となり、
「入ってくるエネルギーは体脂肪として体に蓄え、
代謝を低くしてできるだけエネルギー消費を抑えよう」
とするのです。

入ってくるエネルギーに関しては、貯蓄が可能な体脂肪という形でエネルギーを蓄えます。

そして、代謝を低くして生命を維持するためには体脂肪を分解してエネルギーを作り出すより、
体の中で一番のエネルギー消費者である筋肉や内臓のタンパク質を分解してエネルギーを作り出した方が
効率が良いという理由から、
体は筋肉や内臓のタンパク質の量を減らしてエネルギー消費を抑えようとします。

さらに、代謝を低くするために体を活動的にする自律神経である「交感神経」の働きをも低下させるのです。
交感神経の活動が低下すると冷え性や低血圧などから体の不調につながる恐れもあります。



■糖質をきちんと摂ることが重要

飢餓が起こるのは、栄養不足が原因だと言いましたが、
そのなかでも特に脳は「糖分」が不足することで飢餓を感じます。

脳のエネルギー源はほとんどを糖分から補っているので、
糖質不足になると飢餓を感じるだけでなく、
思考力や集中力の低下などの悪影響も招きます。

極端な糖質カットを避け、最低限の糖質を不足させないように、
1日3回の食事からきちんと糖質を補給することが重要です。

逆に言えば、必要な糖質が摂取できていて交感神経が正常に働いていれば、
体脂肪が正常に燃焼するのでダイエットしやすい体であると言えます。



■「飢餓スイッチ」チェックリスト

□目覚めが悪い

□体温が低く低血圧である

□体の冷えやだるさを感じる

□毎日3食摂っていない

□極端に糖質をカットしてダイエットしている

□食間が6時間以上空くことが多い

□午前中は体調が良くない

□やる気が出ない

□朝食の量が少ない

□隠れ肥満またはその傾向にある


※隠れ肥満についてはこちらの記事
BMIの落とし穴>>

あなたは以上の項目にいくつ該当しましたか?
多く当てはまった場合は「飢餓スイッチ」が「オン」になっている可能性が高いです。



■「飢餓スイッチ」を「オフ」にする方法

「飢餓スイッチ」を「オフ」にするのに特別なテクニックは必要ありません。
ただバランスの取れた食事と規則正しい生活習慣を送ることです。

1日3食の栄養バランスの摂れた食事をすることで、必要な糖分を摂取でき脳は飢餓を感じません。
そして、交感神経の働きを活発にすることで代謝の高い状態を保つことができます。

これにより「飢餓スイッチ」は「オフ」になり、
太りにくく痩せやすい体質を手に入れることができるのです。



あなたの応援クリックに感謝致します。
人気ブログランキング>>

ありがとうございました^^

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク・シェア
スポンサーリンク
ダイエットデザイナー
メディア掲載
デザイナーズダイエット
お問い合わせ
ご質問・ご相談はこちら
メールフォームへ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング


FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログ内検索
全記事表示
RSS

ページの先頭へ