空腹感を抑える2つの方法

「食べてはいけないと思いつつも空腹に負けてついつい食べてしまう^^;」なんてこと、ありますよね?

それほど空腹感を感じていないときならば、
例えば「ダイエット」と「甘いもの」を天秤にかけたとしても「ダイエット」の方を優先できるでしょう。

しかし、そこに「空腹感という重り」が追加されると、
「甘いもの」側に「空腹感」が乗っかって「ダイエット」との比重は一気に逆転してしまいます。

そうなってしまったら最期、
「ダイエットよりも団子」、「腹が減ってはダイエットはできぬ」とつまみ食いに走ってしまいます。

「お腹がすくことさえなければもっと簡単にダイエットできるのに^^;」

その気持ちは良く分かりますけど、お腹がすかないように生活するなんてことはどだい無理な話ですよね^^;

ただ、食欲を完全に絶つ事などは到底できることではありませんが、
空腹感をある程度抑えることならばやり方次第では可能です。

「空腹感という重り」を軽くすれば、
例え甘いものを目の前にしても「ついつい手が伸びてしまった」なんてことがなくなります。

もしもあなたが空腹に絶えられずいつも食べ過ぎてしまいダイエットが上手くいっていないのであれば、
これからご紹介します「空腹感を抑える2つの方法」をぜひ試してみてください。



■なぜ空腹感を感じるのか?

人はなぜ空腹感を感じるのかと問われればそれは、
「食欲」というものは生物が生きていくうえで必要不可欠な欲求であるからということは言うまでもありませんが、
もう少し科学的に言うと、
体の血糖値が下がることによって、脳が生命を維持するためにエネルギーを補給しなさいと命令を出すからです。
この命令を受けることで人は空腹感を感じるのです。



■血糖値と空腹感の関係

人は空腹感を感じると何か「もの」を食べることでエネルギーを摂取しようとし、
エネルギーを摂取することによって空腹感はおさまるのですが、
食事をすることで空腹がおさまるとき、体内ではどのような変化が起こるのでしょうか?

このときにも先述しました「血糖値」が関係します。

※血糖値(けっとうち)とは、血液内の糖分(ブドウ糖)の濃度のことです。

簡単に言うと、食事をすることで体内の血糖値が上がります。
それによって空腹感がおさまるという変化が起こります。
ということはつまり、
「体内の血糖値が下がると空腹感を感じ、血糖値が上がると空腹感がおさまる」ということです。



■アドレナリンが分泌すると血糖値が上がる

「もの」を食べると血糖値が上昇し、空腹感がおさまるということは分かりましたが、
実は、「もの」を食べてエネルギーを摂取すること以外にも血糖値を上昇させる方法があるのです。

その方法が、「アドレナリンを分泌させる方法」です。

アドレナリンは、体に興奮やストレス(負荷)がかかり交感神経が活発に働くと分泌されるホルモンで、
肝臓に蓄えられている糖を分解して血液中に流し血糖値を上昇させるという作用があります。

つまり、アドレナリンが分泌すると血糖値が上昇し脳は栄養が補給されたと感じ、空腹感がおさまるのです。


そして、アドレナリンが分泌するには体に興奮やストレス(負荷)がかかることが必要なのですが、
アドレナリンは、良い興奮やストレスもしくは悪い興奮やストレス、どちらの状態でも分泌されます。

これはアドレナリンが「闘争または逃走のホルモン」とも呼ばれている由縁でもあり、
良い意味では闘争・勇気・挑戦・好感・快感といった、前向きな興奮やストレスであり、
悪い意味では逃走・恐怖・痛み・嫌悪感・怒りといった、後ろ向きの感情を意味します。

アドレナリンはただ単に分泌されれば良いというわけではなく、
良い興奮・ストレスによって分泌されることが心身共に健康的であると言えます。



■故意的にアドレナリンを分泌させる方法

強制的に体に興奮・ストレスを与えることで故意的にアドレナリンを分泌させ、
一時的に空腹感を抑えることができます。


◇10秒ダッシュする(ストレス・負荷)

・その場、または広い場所で10秒ほどダッシュします。

・血糖値を上げるには少し息が上がるくらいの負荷の運動が効果的です。

・ダッシュだと負荷が高すぎて難しいという方は、
 踏み台昇降のようなステップ運動などを取り入れ負荷の軽い運動を選ぶようにしましょう。

※注意:血圧の高い方は急激な運動は控えましょう。


◇大好きなものを見る(興奮)

・あなたが見て興奮できるもの、
 例えば好きなアイドルの写真や映像(ドラマや映画、ライブDVDなど)を観ます。

・できれば見慣れたものではなく新鮮なものの方が興奮しやすくなります。


これら2つの方法をどちらか、または同時に(好きなものをみながら10秒ダッシュ)することで
空腹感を抑えることができます。

今すぐにでも実践できるとても簡単な方法ですし、
確かな結果も出ていますのでおすすめですよ。^^

お腹がすいていつもはケーキを食べてしまうところをこれらの方法でやり過ごすことで、
摂取カロリーをおさえることができますよね。

ただし、この方法はあくまでも空腹感を抑えるために脳をだます裏技的な方法であり効果も一時的なものです。

最低限3食の栄養バランスの取れた食事は摂ったうえで、
間食してしまいがちな甘いものやお菓子などを食べてしまい過剰に摂取カロリーを増やしてしまうことへの防衛策として取り入れましょう。


ちなみに食欲を抑える方法としてこんな方法もありますよ^^
ダイエッターのラッキーカラーは青?>>
バレンタインとダイエット>>


あなたの応援クリックに感謝致します。
人気ブログランキング>>

ありがとうございました^^

カテゴリ:食事の基礎  コメント:0

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク・シェア
スポンサーリンク
ダイエットデザイナー
メディア掲載
デザイナーズダイエット
お問い合わせ
ご質問・ご相談はこちら
メールフォームへ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング


FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログ内検索
全記事表示
RSS

ページの先頭へ