体重の増減に一喜一憂しない

■あなたは毎日の体重の増減に一喜一憂していませんか?

ダイエットをするにあたり、毎日の体重計測はとても大切なことです。
毎日の測定をすることで、日々の体の微妙な変化を敏感に察知し、
その結果から原因を分析し、軌道修正しながら目的地へとたどり着くことができます。

しかし、体重の変化に敏感になりすぎるのも考え物で、
結果的に逆効果になる場合があります。

特に体重は一日のうちで測る時間帯や食べた量、
体内の水分量によっては、500gや1kgは平気で増減しますから、
その変化に振り回されて心まで乱されしまわないように気をつけなければいけません。

「昨日は体重が減ってうれしかったからと小躍りをし、今日は体重が増えて悲しかったからため息をつく」

こんな調子で毎日の体重の変化に一喜一憂していたのではそのうちダイエットすることに疲れてしまいます。


■一喜一憂は短期的な視点

ダイエットを失敗する人の多くは、昨日今日で体重が減ったことに対して、
体重減少の成功パターンを見出そうとします。

そして、その成功に過信し、昨日うまくいった方法を試し、結果が出ないと落ち込んでしまいます。

体重が減ることはダイエットしている方にとってはうれしいことでしょう。
しかし、冒頭でも述べましたが、体重はその日の体のコンディションによっては、
すぐに変化するものです。

体重が増える度にそれに振り回されて、

「あ~きっと私にはダイエットは無理なのよ」
「昨日あれだけ頑張ったのにどうして体重が減らないの?」


なんて落ち込んでいたのでは疲れてしまいませんか?

その挙句、それをストレスだ何だと言い、暴飲暴食に走ってしまうのです。
ダイエットの為の体重計測のはずが、暴飲暴食の引き金になっているなんて本末転倒です。

一喜一憂の原因は「短期で結果を求めすぎている」ことにあります。

やはり、「ダイエットは結果が出るまでにはそれなりの時間を要するのだ」という考えを持つことで、
短期の結果に左右されて目標からぶれてしまうなんてことも少なくなるはずです。



■体重の変化「だけ」に依存しない

人間の体はそんなに簡単にできているものではありません。

いろいろな要素が複雑に絡み合って、その結果が体重というあるひとつのデータとして現れるのですから、
体重の変化のみから全てを分析しようということ自体にそもそも無理があります。

体重計測の他にも、体脂肪率や筋肉量、摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスなど、
総合的に分析する方法を取り入れることが大切です。



■体重を1週間単位で計測する

それでも体重の変化を記録していくことはダイエットを成功する上では必要なことです。

毎日の体重測定に一喜一憂してしまうようであれば、
体重計測を1週間に1回に減らしてみるというのはどうでしょうか?

1週間ならば、もし体重が増えていたとしても、充分リカバリーできる範囲内です。



■体重を1日2回計測する

また、毎日の体重計測を朝と夜の2回にして、
体重の変化からその日の摂取エネルギー量を判定するという方法もあります。

詳しいやり方を以下に説明します。


1.朝一番と夕食後に1回ずつ体重を測り、その差を記録します。
  例えば、朝測ったときは50kgだった体重が、夕食後には51kgになっていたとします。
  この場合、2回の計測での体重差は1kgということになります。

2.この数値を最低3日以上計測し、平均値を出し、その数値を基準値とします。

3.その後も計測を続け、毎日の体重差が基準値以下ならば「合格」とし、
  体はおのずと痩せる方向に向かうことになります。
  また、逆に基準値以上ならば太る方向へと向かっていると判定します。

4.一定期間(例えば1ヶ月)が経過したらまた新たに基準値を設定し直し微調整します。


※注意点 
 
 食べたもの(食事量)だけでなく飲んだもの(水分量)によっても、
 数値は大きく左右するということを理解しなければなりません。
 
 例えば、1リットルの水分を摂ったとして、
 それがただの水でも、またはジュースでも同じ量だけ体重が増加します。
 もちろん食事に関しても同様です。
 サラダをたくさん食べた日と、揚げ物を食べた日、量が同じならば体重差も同じになります。
 
 つまり、この計測方法に関しても、「体重の変化だけで全て把握することはできない」ということです。
 体重と同時に毎日の食事の内容やカロリーなども記録することではじめてこの判定方法が役に立つのです。



■大事なのは最終目標である

一喜一憂というテーマからは少し話が逸れてしまいましたが、
「大事なのは最終目標である」ということを忘れてはいけません。

「私はダイエットを何のためにやっていて、最終的にどうなりたいのか」

このようにあなたのダイエットの最終目標を具体的に考えることで、
「毎日の体重変化など最終目標へ向かう過程での微々たる変化に過ぎない」ということを理解することができます。

ダイエットを最終目標までの長期的な視点で捉えることができていれば、
日々の体重の増減などに一喜一憂することもなくなります。

また、最終目標をより確実に達成するためには、
ひとつのデータだけに依存するようなダイエットをするのではなく、
あらゆる角度からデータを収集し分析する「多角的なダイエット」を実践することも必要不可欠です。

要するに、
「ダイエットに対して長期的かつ多角的な視点を持つこと」がダイエット成功の秘訣だということです。



あなたの応援クリックに感謝致します。
人気ブログランキング>>

ありがとうございました。^^

コメント

  1. ふーこ より:

    あけまして 

    ドアを閉めたら
    腹の肉をはさんだ ふーこです。
    おめでとうございます。

    こんな私ですが 
    今年も よろしくお願いします。

    う~~ん、
    やっぱり 心配なことがなくなると いいわ~
    今年も 楽しくいけそうです。

    そうそう、
    お正月は 実家に帰られたのかな?
    私は 今日が 成人式なので
    今日まで 実家に帰っております。
    (もちろん 大嘘)

    そんな私の目標は
    先日 素敵な紺のジャケットを買ったの。
    これが ちょっと きつい。
    でも 22日の新年会に着ていきたい。
    なので まず 体重より 体を絞る。

    で、次は 標準体重に。

    最終目標は、銭湯で 
    人目を引くボティの持ち主ね。
    もちろん いい意味でよ。

    昨日 温泉に行ったら 
    悲しい思いをしたわ~

    良かったら  
    凛太郎くんの 目標も 教えてくださいな。

    では 今年も よろしく
    応援ぽちぽち。

  2. 凛太郎 より:

    ふーこさん、コメントありがとうございます^^

    > あけまして 

    あけまして^^

    >
    > ドアを閉めたら
    > 腹の肉をはさんだ ふーこです。
    > おめでとうございます。

    あ、あけましてってドアのことでしたか?w
    改めまして、あけまして(年のことです)おめでとうございます!笑

    >
    > こんな私ですが 
    > 今年も よろしくお願いします。
    >
    こちらこそです!

    > う~~ん、
    > やっぱり 心配なことがなくなると いいわ~
    > 今年も 楽しくいけそうです。
    >
    ですね!
    僕も安心してふーこさんのボケに対して突っ込めそうです^^なはは。

    > そうそう、
    > お正月は 実家に帰られたのかな?
    > 私は 今日が 成人式なので
    > 今日まで 実家に帰っております。
    > (もちろん 大嘘)
    >
    実家には3日ほど帰りました。
    久しぶりに両親、兄弟とゆっくり過ごせて心身ともにリフレッシュできました。

    あ、ふーこさんは今年二十歳を迎えられるのですね。
    おめでとうございますってなんでやね~ん!!スパーン

    > そんな私の目標は
    > 先日 素敵な紺のジャケットを買ったの。
    > これが ちょっと きつい。
    > でも 22日の新年会に着ていきたい。
    > なので まず 体重より 体を絞る。
    >
    なるほど。それは良い目標ですね^^
    素敵な洋服を着たいっていうのはモチベーションが高く保てますからね。

    > で、次は 標準体重に。
    >
    > 最終目標は、銭湯で 
    > 人目を引くボティの持ち主ね。
    > もちろん いい意味でよ。
    >
    > 昨日 温泉に行ったら 
    > 悲しい思いをしたわ~
    >

    温泉いいですね~^^
    いい意味で人目を引くボディになれるように応援してますよ!

    > 良かったら  
    > 凛太郎くんの 目標も 教えてくださいな。
    >
    僕の目標は・・・
    「100人のオンラインダイエットを成功させる!」ですね。
    このブログも開設から1年が経ちましたので、
    そろそろ情報発信だけでなく、
    実際に僕がスタジオでやっているようなダイエットスクールみたいに、
    対面式ではないにしろ、
    もっと読者様とのコミュニケーションを取りながらダイエットに取り組んでいくことに
    挑戦したいと思っています。
    そうすることでより個人的なダイエットの悩みも解決できますよね。

    > では 今年も よろしく
    > 応援ぽちぽち。

    こちらこそ、ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。ペコリ

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク・シェア
スポンサーリンク
ダイエットデザイナー
メディア掲載
デザイナーズダイエット
お問い合わせ
ご質問・ご相談はこちら
メールフォームへ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング


FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログ内検索
全記事表示
RSS

ページの先頭へ