ダイエットとしてランニングすることの超すごい効果

ダイエットの一環としてランニングを運動として取り入れたという人は、
昨今のランニングブームを見ても一目瞭然、
この記事を読まれている方の中にも多々いらっしゃるのではないでしょうか。

僕ももれなくその一人でして、日々、時間を見つけては走るといった生活が習慣化して、
はや何年かが経過しました。

今日のテーマにもあるように、ダイエットとしてランニングを取り入れた場合、
どのくらい効果があるのかと言われれば、
実は、体重(余分な体脂肪)を減らすという意味では、そんなにたいした効果はありません
(といってもそれなりの距離を走ればかなりの効果が見込めるのですが)。

食事制限をした方がよっぽど短期間で効果が出るにもかかわらず、
なぜわざわざ苦しい思いをしてまで走る人がいるのか。

その不可解な部分を今日は紐解いていこうかと思います。

今回は村上春樹氏の一冊のエッセイ
走ることについて語るときに僕の語ることがとても参考になったので、
これをもとにランニングをする人の心境を交えて意見を言わせていただきたいと思います。

ランニングから得られるものって「超すごい」ですよ!


それではどうぞ。^^




■ランニング2ヶ月で3kgの体重減の効果

これは村上氏自身の結果になるので、もちろん万人に共通するものではありませんが、
彼が50代半ばに、日課であるランニングを通して得られた結果です。

なかなか痩せにくいであろうこの年代でもって2ヶ月かけて3kgの体重減。
これはかなり立派な数字ですが、では彼はどのくらいの距離を走ってこの結果を得たのでしょうか?

答えは、約600km!(え~っっ!?そんなに!?)

日に換算すれば毎日10km前後を走らなければならない計算です。すごい!

もちろん、エネルギーバランスの法則からすれば、
村上氏が毎日どのくらいのカロリーを摂取していたかにもよりますので何とも言えませんが
(ちなみにここで村上氏はビールとドーナツが好物だと言っていますから、
村上氏も我々と同様のものを好物として食していたのだと思います)、
毎日10kmのランニングを習慣にするなんて、
小説家を生業にしていない限り(笑)なかなかできるものではありません。

「じゃあ、なぜこのくらいの効果しか見込めないランニングを、皆こぞってするのですか?」

確かに、あなたのおっしゃる通り。
だったらそんな苦しいことやめて、もっと効率的な方法を選べばいいのですから。

ただ、ランニングはそんな非効率な部分を持ってしてもなお、
それを補ってあまりあるほどの魅力があるということです。

では、その魅力とはいったいなんなのでしょうか?



■走ることによって集中力を養う

冒頭で紹介した村上氏のエッセイから引用します。

~ここから~

優れたミステリー作家であるレイモンド・チャンドラーは「たとえ何も書くことがなかったとしても、
私は一日に何時間かは必ず机の前に座って、
一人で意識を集中することにしている」というようなことをある私信の中で述べていたが、
彼がどういうつもりでそんなことをしたのか、僕にはよく理解できる。

~ここまで~


この一文からも分かるように、
小説家というものは創作のために尋常でないほどの集中力を要する職業です。
白紙の紙に洗練された言葉をパズルのように並べていく。
0から1を生み出す作業なのですから、それはそうでしょう。

村上氏は、そのための集中力を少なからず走ることで養っていると言います。
走ることで忍耐力と集中力を養い、
長時間、諦めずに目の前の仕事(執筆)に向きあうことができるのです。



■体力をつけることで視野を広げる

毎年毎年フルマラソンを走っている村上氏でさえ、
フルマラソンの距離を遥かに超えた距離(なんと100km!)を走破しなければならない
ウルトラマラソンを走ったときはこのような心境であったことを述べています。

~ここから~

「僕は人間ではない。一個の純粋な機械だ。
機械だから、何を感じる必要もない。ひたすら前に進むだけだ」
その言葉を頭の中でマントラのように、何度も何度も繰り返した。
文字通り「機械的」に反復する。そして自分の感知する世界をできるだけ狭く限定しようと努める。
僕が目にしているのはせいぜい3メートルほど先の地面で、それより先のことはわからない。
僕のとりあえずの世界は、ここから3メートル先で完結している。
その先のことを考える必要はない。
空も、風も、過去も、記憶も、僕にとってはもうなんの関係もないものごとなのだ。
ここから3メートル先の地点まで足を運ぶーそれだけが僕という人間の、いや違う、
僕という機会のささやかな存在意義なのだ。

~ここまで~


こんなにドラマチックにではありませんが、
なるほど確かに、彼の言うことは僕もすごくよく分かります。

走り始めは体力も残っているので、
遠くの景色までのんびりと余裕を持って眺めることができるのですが、
息も切れ切れ、足の運びもおぼつかなくなるほど体力を消耗すると、
さっきまでの余裕など微塵もなく、本当に一歩一歩が重くなって、
本当に3メートル以上先のことは
見ることも気にすることもできないようになってしまいます。

それは、人生に置ける他のことにも当てはまり、
仕事でも、家庭でも、負荷(ストレス)がかかって体力を消耗すると、
周りが見えなくなるのと一緒です。

お金を体力と捉えれば、経済的に余裕がなくなると首が回らなくなって、
その日を生きるので精一杯でそれ以外のものには当然配慮することなどできません。

そうならないために、また、たとえそうなったとしてもある程度余裕が持てるように、
走って体力の限界を感じ、さらにそれを乗り越えることで、
人生の様々な場面でも役に立つストレス耐性が強化されるのです。



■「走る=健康=長生きしたい」の誤解

~ここから~

世間にはときどき、日々走っている人に向かって
「そこまでして長生きをしたいかね」と嘲笑的に言う人がいる。
でも思うのだけれど、長生きをしたいと思って走っている人は、
実際にはそれほどいないのではないか。
むしろ「たとえ長く生きなくてもいいから、少なくとも生きているうちは十全な人生を送りたい」
と思って走っている人の方が、数としてはずっと多いのではないかという気がする。
同じ十年でも、ぼんやりと生きる十年よりは、
しっかりと目的を持って、生き生きと生きる十年の方が当然のことながら遥かに好ましいし、
走ることは確実にそれを助けてくれると僕は考えている。
与えられた個々人の限界の中で、少しでも有効に自分を燃焼させていくこと、
それがランニングというものの本質だし、
それはまた生きることの(そして僕にとってはまた書くことの)メタファーであるのだ。

~ここまで~

これには僕も大きく賛同します。

僕もこのような情報を発信している立場上、
時に周りから「そんなに健康オタクになってどうするの?
走って疲れてってすごく無理してない?食べたいものが食べられなくて人生楽しいの?」

などと(直接的ではありませんがそのような意味合いで)言われることもたまにはあります。

そんなときは笑ってその場をやり過ごすのですが、
内心は、「そうではなくて、僕は、健康でタフでいることで、
人生でやり遂げたいことをやり抜きたいのです。守りたいものを守れるようになりたいのです。
みんなに大きな心で愛情を持って接したいのです!」
と思っています。

そんなことは、恥ずかしくてなかなか口には出せませんが、
そう思って健康について学んだことを実践検証し、その結果を発信しているのです。

さらに、食べものに関して言えば、食べたいものを食べたい分だけ食べています。

「じゃあ、私も好きなマック(マクド)をポテトLサイズのセットで毎日食べてもいいんですよね!?」

いえ、そうではありません。^^;

実は、僕はマック(マクド)はもう1年以上も食べていません。 

「じゃあ、我慢してるってことですよね!?食べたいものを食べてませんよね!?」

いえいえ、そうではありません。^^;

今では、○ック(○クド)(←今さら(笑))
がカラダに悪い影響を与える(だろう)ことを潜在的に理解しているのです。

たとえ、なんだか無性に食べたくなって食欲に負けてしまったとしても、
結果、食べると体調が崩れる(ような気がする)のです。

これは、ただの思い込みによる、
いわゆるネガティブに働くプラシーボ効果のようなものかもしれませんが、
この場合は、それはそれでいいのではないでしょうか?

そうやって、「ダイエットに良いことと悪いこと」を知識から潜在意識まで落とし込むことで、
そもそも「無理をしている」という考え自体が徐々に無くなっていくなのですね。

※これについてはドキュメンタリー映画「スーパーサイズミー」をご覧ください。
 僕の気持ちがよく分かっていただけるのではないかと思います。^^
 このDVDのレビューを読むだけでも参考になります。





少し話は逸れましたが、ランナーは皆、
走ることで、健康を含め、これから先充実した人生を送るための基礎作りをしているのです。

走ることはつらいですが、ストレス耐性が付きますし、
逆説的ではありますが、(アルコール摂取や暴飲暴食よりもよっぽど良い)ストレス発散にもなります。

走ることで体力が付けば、活動量が増え1日のうちにできることの総量が増えますから、
仕事のパフォーマンスも上がり、さらに仕事以外にもやりたいことに打ち込めます。
走ることで全身の筋肉と骨が鍛えられるとともに基礎代謝量が増え、余分な体脂肪が減り、
姿勢・体型が改善され、鏡に映った自分に自信が持てるようになります。

そうなれば、オシャレをして外に出かけたい気分にもなりますから交友関係も増えますし、
それは公私共に良い影響が現れてきます。

まだまだ走ることのメリットは数え上げればきりがありませんが、
これだけでも十分理解いただけるのではないでしょうか。

そうだとしたらあなたは今後どちらを選びますか?

・日々走っている人に向かって「そこまでして長生きをしたいかね」と嘲笑的に言う。
・走るまたは歩くなどの運動を生活の中に積極的に取り入れる。

もちろん、もう決まってますよね?^^



この記事は役に立ちましたか?
あなたの応援クリックに感謝致します。
人気ブログランキング>>

ありがとうございました。^^

カテゴリ:有酸素運動  コメント:6

コメント

  1. muroi より:

    私も、ウォーキングを合わせたジョギングを行っています。

    毎日行っているという達成感と、頭がすっきりして

    ストレスの軽減につながっていると思います。

    脂肪燃焼だけだと、ジョギングだけでは、

    余ほどやらないと効果が薄いと思いますが

    ダイエットをする上での、基礎作りという点では

    効果的なのかもしれません。

    私もブログで、おすすめダイエットを載せていて

    いろいろと研究しているので

    これからも、このサイトを参考にさせて頂きます。

  2. たじりん より:

    ランニングで痩せるというのはかなりの距離を走らないと難しいんですね。でもランニングによって集中力が養われるとは知りませんでした。いい勉強になりました。

  3. 相澤辰典 より:

    muroiさん

    コメントありがとうございます!^^


    > 私も、ウォーキングを合わせたジョギングを行っています。
    >
    > 毎日行っているという達成感と、頭がすっきりして
    >
    > ストレスの軽減につながっていると思います。
    >

    すばらしいですね!
    有酸素運動はストレス解消に効果大ですよね!
    それは僕も日々実感しています。


    > 脂肪燃焼だけだと、ジョギングだけでは、
    >
    > 余ほどやらないと効果が薄いと思いますが
    >
    > ダイエットをする上での、基礎作りという点では
    >
    > 効果的なのかもしれません。


    そうですね。
    確かに、脂肪燃焼効果だけを見ると、ジョギングって大したことないと思われがちですが、
    実はトータルで見ると思った以上のダイエット効果が見込めるのですね。
    僕が特に感じるのはセルフエフィカシー(自己効力感)の高まりです。
    これによりダイエットに対するモチベーションの維持と自身につながりますから、
    日常での様々な誘惑に打ち勝つことができるのですね。

    >
    > 私もブログで、おすすめダイエットを載せていて
    >
    > いろいろと研究しているので
    >
    > これからも、このサイトを参考にさせて頂きます。


    muroiさんはかなり勉強熱心な方なのですね。
    頭が下がります。
    僕ももっともっと勉強して価値ある情報を提供できるようにがんばりますね!

    ありがとうございます。^^

  4. 相澤辰典 より:

    たじりんさん

    コメントありがとうございます!^^


    > ランニングで痩せるというのはかなりの距離を走らないと難しいんですね。でもランニングによって集中力が養われるとは知りませんでした。いい勉強になりました。


    そうなんですよ。
    ランニングによって忍耐力が付くことでものごとに対して長時間向き合うことが以前より苦しくなくなるのですね。
    これは実際に体感していただけると分かると思いますから、
    ぜひぜひたじりんさんも日々の運動にランニングを取り入れてみてくださいね。^^

  5. mariko より:

    ランキングから伺いました!
    ためになる内容で興味津々です♪

    また遊びにきますね!
    ランキング、ポチさせていただきました♪

    良かったら、私のブログにも遊びにきてくださいね~。
    http://www.xn--100p-4n4cya0otftd.com

  6. 相澤辰典 より:

    marikoさん

    コメントありがとうございます!^^

    > ランキングから伺いました!
    > ためになる内容で興味津々です♪
    >

    少しでもお役にたてれば幸いです!^^

    > また遊びにきますね!
    > ランキング、ポチさせていただきました♪
    >
    > 良かったら、私のブログにも遊びにきてくださいね~。
    > http://www.xn--100p-4n4cya0otftd.com

    応援ありがとうございます!うれしいです^^
    僕も遊びに行かせていただきますね♪

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク・シェア
スポンサーリンク
ダイエットデザイナー
メディア掲載
デザイナーズダイエット
お問い合わせ
ご質問・ご相談はこちら
メールフォームへ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング


FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログ内検索
全記事表示
RSS

ページの先頭へ