ストレッチの必要性と効果

運動をする前、した後はストレッチをしますよね?

いわゆる準備運動(ウォームアップ)、整理運動(クールダウン)ですね。


じゃあ、何故これらをするのか、
その必要性と効果・メリットについて話していきたいと思います。



ストレッチは筋肉を伸ばすこと。
これを目的としています。



では、筋肉を伸ばすことでどうなるのか?



準備運動(ウォームアップ)は、体を温め、筋肉、関節の動きを良くする為に行います。

整理運動(クールダウン)は、筋肉の血流を良くし、疲労回復を早める為に行います。


これが、大まかなストレッチの効果です。
では、これをもっと細かく掘り下げて見ます。




筋肉、関節の動きを良くする

筋肉は加齢とともに柔軟性が低下し、硬くなります。

筋肉が硬くなると、可動域(関節の動く範囲)が狭くなり、
身体を動かしたときに無理がかかり、ケガのリスクが高まります。

年を取ると歩幅が狭くなるのは、可動域が狭くなった証拠です。


だから、筋肉を伸ばし柔軟性を高めることで、
関節の可動域を確保することで、
筋肉、関節にかかる負担を軽くし、ケガを予防するということですネ。


また、関節の可動域を広がると、
筋肉を大きな範囲で十分に動かすことが可能になります。
これにより、トレーニングの効果は高まりますし、
普段の生活でも、代謝が高い身体になります。




筋肉の血流を良くし、疲労回復を早める

無酸素運動後は、
エネルギー源の糖の燃えカスや、疲労物質の乳酸が血液中に充満します。

ストレッチをすることで、血行を良くし、
これらの蓄積を予防したり、速やかに体外に排出することができます。


そして、疲労物質が溜まるのは、無酸素運動に限ったことではありません。

デスクワークなど同じ姿勢をとり続けることでも、
疲労物質は溜まります。

同じ姿勢をキープする為、背中や首周辺などの抗重力筋は細かい収縮を繰り返しているからです。

だから、首の凝り、肩凝り、腰痛などは筋肉がこわばり疲労物質が溜まっている証拠なのですね。



さらに、ストレッチにはリラクゼーション効果もあります。

30分くらいかけてストレッチをすることで、脳波はアルファ波が増加します。

アルファ波により、ストレスから開放され、
気分の安定、ホルモンバランスの改善、さらに疲労回復も進みます。

ストレスはダイエットの大敵ですので、
ストレッチは、ダイエットにも有効だということです。



そして、ある研究結果で、

ストレッチを続けることで、高血圧が改善される。

柔軟性が高い人は、動脈硬化になりにくい。


ということもわかってきました。

これは、中高年の方には是非知っておいてもらいたいことです。






いかがでしょうか?

これだけの必要性、効果、メリットがあるストレッチを
運動の前後、普段の生活に取り入れない手はないですよね?


しかも、費用はゼロですから^^



積極的にストレッチを取り入れていきましょう!




あなたの応援クリックに感謝致します。
人気ブログランキング>>

ありがとうございました。^^

カテゴリ:ストレッチ  コメント:0

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク・シェア
スポンサーリンク
ダイエットデザイナー
メディア掲載
デザイナーズダイエット
お問い合わせ
ご質問・ご相談はこちら
メールフォームへ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング


FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログ内検索
全記事表示
RSS

ページの先頭へ