正しいストレッチの5つの方法

ストレッチも正しい方法で行わないと効果も半減してしまいます。

せっかく時間をかけてストレッチするんですから、

効果を最大限に引き出せるようにマスターしましょう!^^



1.一箇所の筋肉に対して、20秒以上かけて伸ばす。
  
  筋肉は20秒伸ばしたあたりから『伸びるスイッチ』が入ると思ってください。

2.呼吸を止めない。
  
  呼吸が止まると筋肉も硬直してしまいます。
  大きく息をするとか、息を吐きながらするとか言われますが、
  それはあまり気にしなくていいです。
  とにかく息を止めないことが重要です。

3.痛みを感じない気持ち良いと思う程度で伸ばす。
  
  痛みを感じるところまで伸ばすと、逆に筋肉は硬直してしまい効果は半減してしまいます。
  さらには、無理に伸ばせば筋肉が断裂してしまう恐れがあるので注意が必要です。

4.伸ばす筋肉を意識する。
  
  例えば、太ももの裏を伸ばすときでも、太ももの真ん中、内側、外側のラインと3方向の
  どこが伸びているのか意識します。
  どこの筋肉が伸びているのかピンポイントで意識することでストレッチフォームも改善されます。

5.腹、腰のストレッチ以外は腹を凹ませる。

  腹を凹ませた状態をキープしながら胸式呼吸をします。
  この状態をドローインと言います。
  ドローインを意識するだけで効果は全然違ってきます。

  ※ドローインについてはこちらの記事をどうぞ。
  ドローインとは?>>




以上のことを意識してストレッチを始めましょう!^^
自分のカラダと会話しながら。
これが大事です。


《関連記事》
ストレッチの必要性と効果>>



あなたの応援クリックに感謝致します。
人気ブログランキング>>

ありがとうございました^^

カテゴリ:ストレッチ  コメント:0

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク・シェア
スポンサーリンク
ダイエットデザイナー
メディア掲載
デザイナーズダイエット
お問い合わせ
ご質問・ご相談はこちら
メールフォームへ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング


FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログ内検索
全記事表示
RSS

ページの先頭へ