「有酸素運動は20分以上」の間違い

『脂肪を燃焼するには、20分以上の有酸素運動をしなければならない』

あなたも聞いた覚えはあると思います。


ですが、実はこれは間違いなのです。

何が間違いなのかと言うと、


これは言い方の問題なのですが、

正確には、
『20分の有酸素運動をしなければ、体脂肪は分解されはじめません』

と言わなければなりません。


キーワードは、
脂肪ではなくて体脂肪
燃焼ではなくて分解


ここのところがごっちゃになっていて誤解をしている方が多いと思います^^;


どういうことかというと、


先ず、脂肪というのは、体脂肪だけではなく、筋肉の細胞の中にも血中にもあります。
そして、筋肉の細胞の中や血中にある脂肪酸は、運動をする前からすでに燃焼しているのです。

通常、普段の生活をしている時のエネルギー源は、糖と脂肪が半々なのですから、
20分以上で脂肪が燃焼しはじめるということではないのです。

常に脂肪は燃焼しているのですね。


そして、有酸素運動をしてくうちに、徐々に、段々と脂肪がエネルギーとして使用されていき、
20分くらいで体脂肪からもエネルギー供給がはじまる、
つまり、体脂肪の分解がはじまるということです。




以上のことから、

『20分の有酸素運動をしなければ、体脂肪は分解されはじめませんが、
脂肪は常にエネルギー源として使用されています。
積極的に体脂肪を減らす上では、20分以上の有酸素運動が効果的です。』

ということになります。



言い方ひとつの問題ですが、
かなり意味合いは違ってきますので、

情報を提供する側としては、誤解を招かないよう気を付けていきたいところです。



あなたの応援クリックに感謝致します。
人気ブログランキング>>

ありがとうございました^^

カテゴリ:有酸素運動  コメント:0

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク・シェア
スポンサーリンク
ダイエットデザイナー
メディア掲載
デザイナーズダイエット
お問い合わせ
ご質問・ご相談はこちら
メールフォームへ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング


FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログ内検索
全記事表示
RSS

ページの先頭へ