コンセントリックとエキセントリックとは?

「コンセントリック」「エキセントリック」
最近では、大分知名度も上がってきたワードだとは思いますが、
まだまだ聞き慣れないという方も多いことでしょう。

「コンセントリック」「エキセントリック」についてよく知らなかったあなたも、
今後効率的な筋トレをするうえで必ず役に立ちますからぜひ覚えていってくださいね。^^


■コンセントリック・コントラクションとエキセントリック・コントラクションとは?

コンセントリック・コントラクション(短縮性収縮)とは、
負荷を上げることによって筋肉が収縮する動作のこと
を指します。

そして、エキセントリック・コントラクション(伸張性収縮)とは、
負荷を下げることによって筋肉が引き伸ばされる動作のこと
です。

例えば、腹筋運動で体を持ち上げるときがコンセントリック・コントラクションで、
反対に下ろすときがエキセントリック・コントラクション。

ダンベルを持って肘を曲げるときがコンセントリック・コントラクションで、
伸ばすときがエキセントリック・コントラクションということです。



■コンセントリックとエキセントリック、どちらが筋肉に効く?

それではここであなたに問題です。

階段を昇るだけのトレーニングをはじめたAさんと降りるだけのトレーニングをはじめたBさんがいるとします。
この2人では、2か月後太腿の筋肉が発達しているのはどちらだと言えますか?



答えは、Bさんです。^^

昇る運動と降りる運動のイメージでは、昇る動作の方が負担が大きいように思いますが、
実は、降りる動作の方が筋肉に負担がかかっているのです。

階段を昇るときは太腿の筋肉は収縮しますからコンセントリック、
反対に降りるときは太腿の筋肉は伸びますからエキセントリックとなります。



■なぜエキセントリック運動の方が負荷が大きいのか?

なぜなら、筋肉は収縮するときに働く筋繊維の数より、伸ばされるときに働く筋繊維の数が少ないからです。

コンセントリック運動に比べエキセントリック運動は、
筋肉は少ない筋繊維の数で負荷に対抗しなければいけませんから、
筋繊維一本一本にかかる負担がより大きくなるのです。



■筋トレはエキセントリック運動を意識しましょう

ですから、
筋トレで筋肥大を狙うのならば、エキセントリック運動を意識することが大変重要となってくるのです。

筋トレでは、負荷を下ろすときに力を抜いてしまわないこと
そして、意識してゆっくりとブレーキをかけながら下ろしていくことを意識してみてください。

これにより筋肉を効率良く追い込むことができ、筋肉を大きくさせていくことができます。



あなたの応援クリックに感謝致します。
人気ブログランキング>>

ありがとうございました^^

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク・シェア
スポンサーリンク
ダイエットデザイナー
メディア掲載
デザイナーズダイエット
お問い合わせ
ご質問・ご相談はこちら
メールフォームへ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング


FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログ内検索
全記事表示
RSS

ページの先頭へ