BMIの落とし穴

前回の記事ではBMIについて触れました。
あなたのBMIは>>

このように書くとBMIの数値だけを頼りに自己分析してしまうかもしれません。
しかし、「BMIの数値を完全に信用してはならない」のです。

■かた太りと隠れ肥満

BMIで「太りすぎ」と判定された場合でも、
全体の2~3割は「かた太り」の人というのが現状です。
かた太りは筋肉や骨が多いため体重が重いアスリートなどに多くみられます。

一方、BMIでは「標準」「痩せすぎ」と判定された場合でも、
その1割は「隠れ肥満」の人がいます。

隠れ肥満は無理なダイエットでリバウンドを繰り返している若い女性や、
若い頃はスリムだったがおなか周りの脂肪が気になりだした中年男性などが良い例です。



■BMIの落とし穴

隠れ肥満は外見がスリムな分外見だけでは判断できませんし、
当の本人にも自覚が無いのがほとんどですからタチが悪いのです。^^;

BMIだけを判断基準にしていたら、隠れ肥満の人は「太っていないから大丈夫」と考えてしまいます。
これが、「BMIの落とし穴」なのです。



■BMIは最初の一歩

このように体重と身長だけでは分析しきれない部分がありますので、
自己分析はBMIだけに頼ってはいけないのですね。

その他にも体脂肪率や筋肉量、基礎代謝量など、
もっと言うと年齢や性別などのデータを多角的にトータルで分析していくことで信憑性のあるデータが取れるわけです。

ですから、「BMI値を計測するのは自己分析の第一歩でありひとつの手段であるが、それで全てを分析できるわけではない」ということを理解してください。

そこからさらに二歩目三歩目と踏み込んで分析を進めていくことで、
自分自身をより深く知ることができるのです。



あなたの応援クリックに感謝致します。
人気ブログランキング>>

ありがとうございました^^

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク・シェア
スポンサーリンク
ダイエットデザイナー
メディア掲載
デザイナーズダイエット
お問い合わせ
ご質問・ご相談はこちら
メールフォームへ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング


FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログ内検索
全記事表示
RSS

ページの先頭へ