退屈な有酸素運動を飽きさせない4つの方法

有酸素運動は長くやればやるほど消費カロリーも増えていきますから、
できることならば長時間続けていきたいものです。

ただ、長時間同じ運動をするというのはどうしても退屈に感じてしまいますよね^^;

そこで、長時間の有酸素運動でも飽きないように工夫することが必要になってきます。


■退屈な有酸素運動を飽きさせない4つの方法


1.音楽を聴く

自分の好きな音楽を聴けば、テンションアップは間違いないです。

さらに、最近の研究では、
ランニングやウォーキング時に音楽を聴くと、
呼吸が楽になり、エネルギー代謝・運動効率が上昇するという事実が確認されています。

ランニング・ウォーキングなどの運動のリズムに、心拍・呼吸のリズムが同期する現象を
「カップリング現象」といいます。

この「カップリング」が起こると、
カラダはリラックスし、結果、効率的に運動ができるというわけです。
運動・心拍・呼吸、この3つのリズムのハーモニーを生み出すことで運動効率を高めることができるのです。

そして、この「カップリング」を簡単に生み出す手段として注目されているのが、
一定リズムの聴覚刺激、つまり一定リズムの音楽です。

自分に適したテンポを選べるランナー専用の音楽配信サイトもあるので、
ランニングやウォーキングを楽しみながら効率的に行ないたという方は、活用してみてはいかがですか?
エクサミュージック>>

一人でトレーニングするのなら、iPodなどのMP3プレイヤーを持ち歩いてみましょう。
お気に入りのアルバムを一枚聴き終わった頃には1時間経過していますよ^^


2.パートナーを誘う

一人よりも二人、家族・友人・犬などを誘ってみましょう。
楽しく会話しながら運動すれば、あっという間に時間は過ぎてしまいます。

地域でも、ウォーキングクラブやランニングクラブなどといったコミュニティーもありますので、
一緒に運動する仲間を見つけるために参加してみるのも良いですね。

もしも誰もつかまらなかったら、ラジオを聴きながらバーチャルで人との会話を楽しむのもアリです^^


3.コースを変える

毎日同じコースでは、飽きてしまいますよね。

ジムで同じ景色を見ながらトレッドミルよりも、
景色が流れる外に出たほうが飽きませんから運動も長く続けることができるのではないでしょうか。

さらに、外でのトレーニングもコースを変える事で、
新しい発見や刺激がありますね。

「あら、こんなところにかわいいカフェがあったのね」
こんなこともひとつの楽しみと捉えながら、自分だけの地図を作っていくのも楽しいかもしれませんよ^^


4.ペースを変える

インターバルトレーニングを取り入れて負荷を変えることで、飽きを解消させることができます。

さらに、インターバルトレーニングには心肺機能を高める効果もあるので、
筋肉に酸素を運ぶ毛細血管や、細胞内で脂肪を燃焼するミトコンドリアが増えて、
脂肪を燃焼しやすい体質になることができるので一石二鳥ですね。

インターバルトレーニングの具体的な方法としては、
ミドルペースで3分 → ハイペースで3分 → ミドルペースで3分 → ローペースで3分
これを繰り返していきます。

ただし気を付ける点として、
脂肪の燃えやすい運動強度の範囲を大きく外れてしまうとせっかくの有酸素運動も意味がなくなってしまいますので、
ハイペース、ローペースでの運動強度の設定がポイントです。

※有酸素運動に適した運動強度についてはこちらの記事を参考にしてください。
一番効率の良い有酸素運動とは>>



トレーニングを退屈に感じてしまいなかなか継続できないという方は、
上記の4つのポイントを参考にして、または工夫して自分なりのトレーニング方法を試してみましょう!

結果的にトレーニングが楽しく感じられるようになれば最高ですね^^


あなたの応援クリックに感謝致します。
人気ブログランキング>>

ありがとうございました^^

カテゴリ:有酸素運動  コメント:0

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク・シェア
スポンサーリンク
ダイエットデザイナー
メディア掲載
デザイナーズダイエット
お問い合わせ
ご質問・ご相談はこちら
メールフォームへ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング


FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログ内検索
全記事表示
RSS

ページの先頭へ