リバウンドが起こるメカニズム

「リバウンド」という言葉。

ダイエットとは切っても切れない言葉ですね。

減量しても、また体重が増える、または元の体重に戻ってしまうことを
リバウンドと言います。


では、なぜこのリバウンドは起こるのでしょうか?




過度の食事制限を行なうと、体はエネルギーを十分に得ることができなくなります。
この状態になると、体の色々な器官はエネルギー消費を抑える為に、

「省エネモード」になります。

これは、飢餓から体を守るという生物本来の防御対策であり、
これを「ホメオスタシス」と言います。

ホメオスタシスが作用しはじめると、
体は無駄なエネルギー消費を抑え、エネルギーを溜め込もうとします。

結果、エネルギー貯蓄に都合の良い体脂肪として、体に蓄えられるようになります。

同時に、体の最大のエネルギー消費者である筋肉は分解され、
さらに省エネモードの体になり、消費エネルギーを減少させます。


それでも、摂取カロリーが少なければ減量はできるのですが、
ここで食事制限をやめて、減量前の元の食事量に戻すとどうなるでしょうか?


筋肉量が減ってしまった分、基礎代謝は下がり、
そして、体は飢餓状態の感覚から抜け出せずエネルギー消費が思うようにできません。
つまり、体脂肪は右肩上がりに増加していくということです。


これが、リバウンドのメカニズムです。



下手な減量はリバウンドしやすいだけではなく、
リバウンド後はさらに痩せにくい体になってしまいます。

そして、また減量してリバウンドしてを繰り返し、
どんどん痩せにくい体になってしまうのですね。

この減量とリバウンドの繰り返しを「ウエイトサイクリング」と言います。


ダイエットは減量後の体重の維持が最大の難関と言えますね。


関連記事
食事制限だけのダイエットの欠点>>



あなたの応援クリックに感謝致します。
人気ブログランキング>>

ありがとうございました。^^

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク・シェア
スポンサーリンク
ダイエットデザイナー
メディア掲載
デザイナーズダイエット
お問い合わせ
ご質問・ご相談はこちら
メールフォームへ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング


FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログ内検索
全記事表示
RSS

ページの先頭へ