糖質制限ダイエットの失敗パターン

ダイエットをしたことがある人ならば、一度は低糖質ダイエット、
糖質制限ダイエット
をしたことがあるのではないでしょうか?

もちろん、それでダイエットが成功し、今も尚理想の体重をキープできているのであれば、
何も言うことはありません。

でも、実際はどうでしょう。

太ったと思ったら、糖質を制限し、痩せたらまた元の食事に戻る。
そして食事を元に戻したらまた太る。
で、また糖質をカット。

こんなことを繰り返している方も多いのではないでしょうか?



糖質制限ダイエットは、確かに即効性の効果はあるダイエット方法でしょう。

糖質制限ダイエットとは、
糖質を採らない事により血糖値が上昇しない為、
エネルギー源として即効性のある糖が不足し、
体は、糖の代わりに脂肪をエネルギー源として使いやすくさせるというダイエットです。


そしてもう一点、糖質の特性として、
糖質を体内に取り入れると、その4倍の水分子と結合するという点があります。

つまり、逆に糖質をカットすることは、体内の水分もカットするということになります。


糖質制限の即効性は、体脂肪の減少よりも、
先に、体内の水分が失われることからの体重減少という効果が現れるのです。


ですから、
この第一段階で再び元のように糖質を摂取する食事に戻せば、
糖質と水分子は結びつき、減った体重も水分がほとんどですから、
結局元通りとなってしまいます。

3、4日糖質を抜いて体重が減ったと喜んでも、
肝心の体脂肪はほとんど減っていないのです。

もちろん、長期継続して糖質を制限した食事をすれば、
体脂肪の減少は高い効果を見込めます。

※極端に糖質を制限するのではなく、必要最低限の糖質は摂取するべきです。


ただ、あまりに早く効果を求めすぎ、
効果が現れるや否やすぐ元の食生活に戻してしまうのが、
失敗の原因なのですね。

あなたがもしこのような状態を繰り返しているのならば、
これは本当のダイエットと言えるのでしょうか?


その場しのぎのダイエットではいつまでたっても、
目標の体型・体重・体脂肪率には到達できません。

むしろ遠ざかっていると言っても過言ではありません。


今一度、自分自身のダイエットについて見つめ直してみませんか?



あなたの応援クリックに感謝致します。
人気ブログランキング>>

ありがとうございました。^^

カテゴリ:食事の基礎  コメント:0

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク・シェア
スポンサーリンク
ダイエットデザイナー
メディア掲載
デザイナーズダイエット
お問い合わせ
ご質問・ご相談はこちら
メールフォームへ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング


FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログ内検索
全記事表示
RSS

ページの先頭へ