春野菜の種類と効果

今の時代、科学の進歩により一年を通じてどんな野菜でも手に入るようになりました。
便利な反面、「旬」という概念が薄れつつあるのも事実です。

やはり、旬の野菜を食べることは体にも良いことです。
春真っ只中の今、春野菜を食べて旬の野菜が持つ元気・エネルギーをいただきましょう!^^


■季節ごとの野菜の特性

大根など根菜類の「冬野菜」は体を温め、
トマト、きゅうりなどの「夏野菜」は逆に体の熱を取る作用があるといわれます。


その季節に合った旬の野菜を摂取することは、
体を健康に保つ上でも重要なことですね。


では、今回のテーマでもある春野菜にはどのような働きがあるのでしょうか?

春というのは植物が芽吹き、動物は冬眠から目覚める季節です。

「春野菜」には、冬の間に溜め込んだものを排出し、
胃の働きを活発にし、体を目覚めさせる効果があるのです。




■主な春野菜一覧

●クレソン
 ビタミンCやβカロテン、鉄分を含む。

●ラディッシュ
 根にはビタミンC、葉には鉄分やビタミンB群が含まれる。

●紫キャベツ
 ポリフェノールが含まれており、活性酸素対策や老化防止に効果あり。

●菜の花
 ビタミン類やカルシウム、鉄分を含む。
  
●竹の子
 亜鉛、食物繊維が豊富。

●カボチャ
 言わずと知れたβカロテンを多く含む野菜。抵抗力を高め、抗酸化力を持つ。

●サニーレタス
 普通のレタスと比べるとビタミンAが豊富。

●新ジャガイモ
 皮は薄くて柔らかいので、皮ごと食べることで栄養を逃さず摂取できる。

●ニラ
 ビタミンA、ビタミンCなどを含有。

●新タマネギ
 辛味の元とされる硫黄化合物には、肝臓の解毒、血液サラサラ効果がある。

●スナップエンドウ
 タンパク質とビタミン類を含む。バランスの良い野菜と言える。

●空豆
 疲労回復効果のあるビタミンB類が豊富。できれば皮ごと食べたい。

●春ニンジン
 まろやかな甘みが特徴。ニンジン嫌いが克服できるかも。

●アスパラガス
 アスパラギン酸を含む。疲労や肝機能を回復させる。

●芽キャベツ
 普通のキャベツの4倍のビタミンCを含有。ほのかな苦味が特徴。



春は、新生活がはじまり、
異動や引越しなど新しい環境に適応するために不安やストレスを感じる方も多い季節です。

そんな時は、栄養満点な春野菜を食べてこの春を元気に、フレッシュに過ごしましょう!^^



《関連記事》
旬の食材を取り入れる>>



あなたの応援クリックに感謝致します。
人気ブログランキング>>

ありがとうございました^^

カテゴリ:食事の基礎  コメント:0

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク・シェア
スポンサーリンク
ダイエットデザイナー
メディア掲載
デザイナーズダイエット
お問い合わせ
ご質問・ご相談はこちら
メールフォームへ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング


FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログ内検索
全記事表示
RSS

ページの先頭へ